LODを公開する

Linked Open Data(LOD)は、

  • あらゆるデータの識別子としてURIを使用する。
  • 識別子には(URNや他のスキームではなく)HTTP URIを使用し、参照やアクセスを可能にする。
  • URIにアクセスされた際には有用な情報を標準的なフォーマット(RDFなど)で提供する。
  • データには他の情報源における関連情報へのリンクを含め、ウェブ上の情報発見を支援する。
    (Wikipedia:Linked Open Dataより引用)

の4つを満たしているものとされています。

この4つのうちの

  • 識別子には(URNや他のスキームではなく)HTTP URIを使用し、参照やアクセスを可能にする
  • URIにアクセスされた際には有用な情報を標準的なフォーマット(RDFなど)で提供する

について、これらの条件を満たす公開方法を紹介します。

これらを満たし、かつ、オープンライセンスでデータ(=オープンデータ)を提供すると、5つ星オープンデータ4つ星のデータになり、DBpediaなど外部データへのリンクが既にあれば5つ星となります。


5つ星オープンデータ

4つ星以上のLODとして公開する方法には、大きく分けて

  • 静的なRDF/XMLファイルとして提供
  • RDFデータベースを使用

の2つがあります。

静的なRDF/XMLファイルとして提供

「静的なRDF/XMLファイルとして提供」する方法は以下のスライドで詳しく紹介されています。

RDFデータベースを使用

「RDFデータベースを使用」は、現在作成中です。公開までお待ちください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加